代行サービスの利用

煩雑な薬事法の事務は化粧品輸入代行業者に依頼しよう

化粧品の輸入を考えているけれど、手続きもよく分からない上、言語にも堪能でなくて不安がある、という場合には、化粧品輸入代行を利用するのがおすすめです。 化粧品輸入代行とは、化粧品を輸入する手続きをワンストップで受けられるサービスのことです。通常、化粧品を海外から輸入する際には、薬事法に基づいて化粧品製造販売業許可が必要になります。そこで、化粧品輸入代行業者は、許可を持っていない会社に代わって、薬事法に基づく品質管理や通関手続きなどを行います。 化粧品輸入代行を利用することで、薬事法が関わる煩雑な事務の手間を省けるだけでなく、薬剤師を雇うための人件費の節約になり、海外とのやり取りも代行してもらうことができます。

輸入代行業者の選び方のポイント

このように化粧品輸入代行にはメリットがたくさんありますが、全て化粧品輸入代行業者に任せっきりになってしまうという点に不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。 そのような不安を解消するためには、化粧品輸入代行業者選びの際に、輸入フローのカスタマイズが可能な業者を選ぶことがポイントです。輸入フローのカスタマイズとは、例えば、海外とのやり取りは自社で行いたい場合に、薬事法の関わらない価格や数量等の交渉のみ自社に任せてもらい、他のフローは全て化粧品輸入代行業者に依頼する、といったものです。このように、自社で行う部分と代行を依頼する部分について、臨機応変に対応してもらえる化粧品輸入代行業者を選べば、満足の行く形で取引を行うことが可能です。